<< 久しぶりに吹いてきました( ´ ▽ ` ) | main | 久しぶりに引っ張り出して >>

たまには音楽的な話でもしてみる?(´・ω・`)

ほとんど放置状態になってるのですが何気にアクセスログとかチェックしてみると何気に見に来てくださってる方もいるんですよね(笑)

 

Twitterとかから気になって?とかですかね?(´・ω・`)

 

なんともヒマ・・・ゴホン、物好きな方がいらっしゃるものです( ´艸`)

 

 

でもま〜意外にも見に来てくださる方がいるのでしたら何か書こうじゃないか♪って思ったのですがいかんせん楽しんでもらえそうなネタがないのですよね〜(笑)

 

なのでたまには音楽的な話でも書こうかと思ってみました( ´ ▽ ` )

 

よく「JAZZって難しくないっすか?」って言われるんですけど実はそうでもないと思うんですよね(´・ω・`)b※あくまでも個人の意見です

 

確かに初めてJAZZの曲を聴いたときって漠然とおしゃれな感じ、大人な音楽、ムードがあって良いねって感じると思うんです。でもしばらくその曲を聴いてると雰囲気ががらっとかわったりしてなにやらめちゃくちゃな演奏になった気がする、んでもってメインの奏者が入れ替わったりベースだけになったりドラムだけになったりしてまたもとのメロディーに戻ってたりする。

そりゃ初めて聴いた人には訳がわからないですよね(笑)

 

とくに今のロックやポップスを聴き慣れてる人には正直「なんだこりゃ!?」ってなるのはよく分かります( ´艸`)

 

 

おおまかに説明するとポップスって1番→2番→間奏→3番とかですよね、間奏のとこってギターとかピアノとかサックスとかが何小節か演奏して3番とかサビのメロディーに戻ってってのが一般的だと思うんです。

 

間奏のとこってある意味2番と3番の「繋ぎ」の役目が多いんじゃないかな(´・ω・`)あとは3番やサビに行くための盛り上げとかね、場合によっては転調させるってのもあるか。

 

んでもってJAZZの楽曲の場合、この間奏の部分をメインにしちゃってると言った方がいいかもしれないですよね( ´ ▽ ` )b

 

そもそもポップスの場合1コーラスが長いってのもあるんですよね。なので間奏の部分って8小節とか16小節とかとれないってのもあるのかもしれないです。

 

んで、JAZZの曲の場合まるまる1コーラスやるんです。でもこれってポップスと逆で1コーラスが短いってのも大きいですよね。短くて12〜16小節で1コーラスなのでそれを複数回分とるのが普通でさらにバンドメンバー全員に回していくんです。だからベースだけになったりドラムだけになったりもします(ドラムさんの場合1コーラスまるまるとる場合もあれば、4小節ごと楽器陣と交代しながらやる4バースってのがありますね)

 

もちろんスローテンポのしっとりしたバラードの曲などは半分だけソロでとってサビからヴォーカルが入るってパターンもありますし、もとの曲が長い場合はソロは全員じゃなくリード(フロント)楽器とピアノだけって場合とかもあります。

 

 

う〜ん、言葉で書くと混乱しますね(笑)あ、僕の説明が下手なのか。。。( ̄▽ ̄;)

 

あ、ポップスの楽曲をJAZZアレンジで演奏してるのなんかを聴くと分かりやすいかもしれないですね( ´ ▽ ` )

※余談ですが仕事中にアニメソングのJAZZアレンジしたのを聴いた勢いで今日のブログを書いてるってのは内緒にしといてくださいw

 

 

<おまけ>

ちなみに1コーラスってのはポップスで言う1番とか2番とかのこと、Aメロ→Bメロ→サビ(場合によりCメロ→サビとか)ですね。サビはブリッジって言い方もしますし「メロ」も「セクション」っていう人もいます。

 

 

セッション等でブルースの曲が好まれるのには理由があって一つは曲(1コーラス)が短く単純だからってのがあるでしょうね。ブルースの曲って1コーラスが12小節なのが普通なんです。4小節×3段で考えるとわかりやすい?

 

んで次の理由が基本的にコード(和音)が3つしか使われてないってのもあります。keyがCの場合C7、F7、G7の3つだけ♪

 

ちなみに並びは

 

|C7   |C7   |C7   |C7   |

|F7   |F7   |C7   |C7   |

|G7   |F7   |C7   |C7   |
 
あくまでも基本の流れですがこの3つだけでブルースができてしまいます(笑)
さらに、アドリブ(即興演奏)をするときもいわゆるペンタトニックスケールのみでそれっぽく演奏できてしまうってのも大きいですよね( ´ ▽ ` )v
コード楽器の人(ピアノやギターなど)もフロント楽器(メロディーをとる人)もリズム楽器の人(ドラムやベース)もみんなそこそこ演奏技術(って言うほどの腕前じゃなくても)があればそれなりにできてしまうってのは魅力なのかもしれないです(笑)
ペンタトニックスケールってなんやねん?ってのは今度書けるときにでも書きますw

 

 

TunoYasu@今度の連休は楽器持って練習しに行こうかな〜とか企んでますw

 


0
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    ようこそ♪
    ブログパーツUL5
    Twitter
    -->
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    MEYER  メイヤー アルトサックスマウスピース ラバー 5MM  ALTO SAX MOUTHPIECE 5MM
    MEYER メイヤー アルトサックスマウスピース ラバー 5MM ALTO SAX MOUTHPIECE 5MM (JUGEMレビュー »)

    アルトサックス用の定番マウスピース♪メイヤーの5MMは僕もかなり長く愛用しています♪良い音しますよ〜♪(*^^*)b
    recommend
    デイヴィッド・サンボーン ザ・ベスト
    デイヴィッド・サンボーン ザ・ベスト (JUGEMレビュー »)
    デヴィッド・サンボーン
    サンボーンのベスト版♪お勧めです(*^^*)b
    recommend
    タイムアゲイン
    タイムアゲイン (JUGEMレビュー »)
    デヴィッド・サンボーン
    いろんなジャンルの曲をカバーしてますね♪(*^^*)
    ま〜どの曲もサンボーン節が強く感じますが(笑)
    recommend
    Somethin' Else
    Somethin' Else (JUGEMレビュー »)
    Cannonball Adderley,Sam Jones,Hank Jones,Art Blakey,Miles Davis
    (^.^)b
    これは名盤です♪キャノンボールとマイルスがとってもカッコイイし勉強にもなる一枚だと思いますね♪
    recommend
    JAZZ理論講座 ジャズセオリーワークショップ(1) 初級編
    JAZZ理論講座 ジャズセオリーワークショップ(1) 初級編 (JUGEMレビュー »)
    小山 大宣
    (^.^)b
    比較的わかりやすい説明で参考になりましたね、楽典から理論へのステップアップに丁度良いと思いますよ♪
    寝る前にもお勧め♪(笑)←よ〜く眠れます(^.^)b
    ※すみません画像がありませんでした(>_<)
    recommend
    Upfront
    Upfront (JUGEMレビュー »)
    David Sanborn
    (^.^)b
    SAX=ジャズってイメージをファンクやスムースにシフトさせてくれた一枚です♪
    サンボーンサウンドを堪能するときにまず聴いてみて欲しいアルバムかもしれませんね♪(^_-)-☆
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM