<< 深夜のマックって不思議だ〜♪(´・ω・`) | main | WEBページ制作。。。(´・ω・`)b >>

SAXってメンタルな楽器だな〜(´・ω・`)

 連日暑い日々が続いてますね〜。。。

体調とか大丈夫ですか?僕はダウン寸前です(笑)←(^^;オイ


さて、日頃から感じてることなんですが、SAXって楽器はつくづくメンタル面が影響する楽器なんだな〜って感じます(^^;

なんでそんな話なのか?って言いますと。

僕の生徒さんで、日頃、何事もないときは普通に音も出るし譜面も強く、安心して聴いてられる方がいるんです。でもあるときからガタガタになってしまいます(^^;

どんなとき?っていうとステージとか本番の前(´・ω・`)b


急に音が出なくなってしまう。。。というか出てるんですが本人的になっとくができなかったり不安感や緊張からかなりナーバスになってしまうんでしょうね。

他の楽器の場合、例えばピアノやギターなんかは指先でのタッチがメインになるのでそこまでは影響ないかもしれません。(ってそんなこともないかもしれませんが)

でもSAXのように息を吹きこんで音を出す楽器の場合は指先だけじゃないので結構影響されてしまうと思います。

とくにSAXやクラリネットなどの楽器はマウスピースをくわえる感じになるので金管楽器のように唇にマウスピースを押しあてるのとは違い、微妙なコントロールが可能な分些細なことが影響されてしまうんだと思います。


息を吹くって動作はお腹から息を吐きだす(腹式呼吸・ろうそくの火を消すような動き)訳です。そして喉を通ってマウスピースに息を吹きこむ訳ですがそのときに唇全体の筋肉やリードの押さえ具合でも音色が変わってしまいます。

吹奏楽器の口の形をおもに「アンブッシュア」って言われますがこれはおもに唇の押さえ方を指して言いますね、でも具体的に言うと唇だけじゃなくて喉の開き具合、声帯の震え、口の中の状況、舌の位置、そして唇の締め具合といったように、一連の動作や状況が微妙に関係してきます(´・ω・`)b


そして緊張してるときってのはどうなってしまうか?

まず肩に力が入ってしまいます。肩に力が入っていると自然に(無意識に)顎にも力が入ってしまいます。両手を強くギュって握りこぶしを作るようにすると無意識に奥歯のあたりに力がはいりませんか?( ̄▽ ̄)もしくは肩に力を入れると奥歯にも力が入りませんか?(´・ω・`)b


肩から首、喉、口の周辺の筋肉は連動してますので「どこかだけ力を抜く」ってのはかなり不自然なことになってしまいます(笑)


でもSAX(に限らず)を演奏するときは指先を使いますので自然に手首、肘、肩、首、そして喉まで力が入ってしまいます。なのによく「ほら、リラックスをして〜、肩の力を抜いて〜」って言いますがかなり難しい要求ですよね(笑)

もちろん、練習や年数によって分離させる(というか適度な緊張と力加減のバランスのコントロール)ことができるようになりますので何年もやってる人ってのは大抵、自然と全体的にリラックスしてるのに部分的に力を入れられてる(といってもガッツリではなく適度に)んですよね(´・ω・`)b


これはなにも特別なことではなくて、ブログとか書いてるときって指先ではキーをパチパチ打ってるけど慣れてくると肩がこらなくなりませんか?(´・ω・`)b
もちろん慣れてないときとか仕事で何時間もPCに向き合ってるとかって場合は腰とか背中、肩に負担がかかるので疲れるし肩コリとかもあると思います。けどブログのようにある程度リラックスしてる場合ってそんなに肩はこらないんじゃないですかね♪


ま〜いろんな作用が関連してくるんだと思いますが、適度な緊張感は大事。でも過度な緊張感は筋肉を硬直させてしまうので腕や肩に力が入ってしまいます。そして一番やっかいなのが「喉を締めてしまう」こと。
これでは音が出なくなります(笑)
ショボイ音しか出なかったり「ちゃんと吹かなきゃ!(音を出さなきゃ)」って思いながら吹くとだいたいは喉に力が入ってしまい唇も締めつけてしまうので音が出なくなってしまう。。。まさに悪循環ですよね(^^;


でもそこで「力を抜いて〜」とか「もっとリラックスして」なんて言葉は案外逆効果になってしまうこともありますから根本的なことでメインの練習ではなく「低音域をしっかり出す」といったような目的を簡単にしてあげる方が良いと思います(´・ω・`)b


緊張しないなんてのはあり得ません。僕はステージとかではワクワクしたりドキドキしたりする方で、割と楽しんでるように思われてますが、実は足なんかはガクガク震えてるもんです(笑)

ただ、緊張感を楽しんでるってのはありますよね♪(´・ω・`)b


これは性格とか経験、場数、慣れってのが大きく影響すると思います。もちろんそれようの練習や体験も大事。だからレッスンのときにも意識して教えてるつもりです(笑)



メンタルって気持ちとか精神的なものってのがありますが相互作用で筋肉にも影響します。緊張だけじゃなくて、「失恋」したり「仕事でミス」をしたり、なにか「不幸」があったときってのは音なんてまともにでません(^^;

でもなんで音が出ないの?ってところを意識(理解)するだけでコントロールはできるようになります。これは音楽だけじゃなくて仕事とかでもそうかもしれません、土壇場で気転をきかせたりするのも同じことなんじゃないかな〜♪(´・ω・`)b



ミスは誰にでもあることだし失敗しない人なんていません。だからミスを責めるのではなく原因を追及して改善して今後に活かせられえばミスは失敗ではなく経験になるんだと思います。


過度な緊張はミスする要因になりますが、適度な緊張は興奮や集中力につながります。それが良い意味でのリラックスなんでしょうかね〜、ただダラ〜ってするってことじゃないと思うんです(笑)→もちろんオフのときはダラ〜ってしてOKですけどね(笑)


そんなことをふと思ったので書いてみました(´・ω・`)b



TunoYasu@たまにはまともなこと書かないとな〜(笑)











0
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    ようこそ♪
    ブログパーツUL5
    Twitter
    -->
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    MEYER  メイヤー アルトサックスマウスピース ラバー 5MM  ALTO SAX MOUTHPIECE 5MM
    MEYER メイヤー アルトサックスマウスピース ラバー 5MM ALTO SAX MOUTHPIECE 5MM (JUGEMレビュー »)

    アルトサックス用の定番マウスピース♪メイヤーの5MMは僕もかなり長く愛用しています♪良い音しますよ〜♪(*^^*)b
    recommend
    デイヴィッド・サンボーン ザ・ベスト
    デイヴィッド・サンボーン ザ・ベスト (JUGEMレビュー »)
    デヴィッド・サンボーン
    サンボーンのベスト版♪お勧めです(*^^*)b
    recommend
    タイムアゲイン
    タイムアゲイン (JUGEMレビュー »)
    デヴィッド・サンボーン
    いろんなジャンルの曲をカバーしてますね♪(*^^*)
    ま〜どの曲もサンボーン節が強く感じますが(笑)
    recommend
    Somethin' Else
    Somethin' Else (JUGEMレビュー »)
    Cannonball Adderley,Sam Jones,Hank Jones,Art Blakey,Miles Davis
    (^.^)b
    これは名盤です♪キャノンボールとマイルスがとってもカッコイイし勉強にもなる一枚だと思いますね♪
    recommend
    JAZZ理論講座 ジャズセオリーワークショップ(1) 初級編
    JAZZ理論講座 ジャズセオリーワークショップ(1) 初級編 (JUGEMレビュー »)
    小山 大宣
    (^.^)b
    比較的わかりやすい説明で参考になりましたね、楽典から理論へのステップアップに丁度良いと思いますよ♪
    寝る前にもお勧め♪(笑)←よ〜く眠れます(^.^)b
    ※すみません画像がありませんでした(>_<)
    recommend
    Upfront
    Upfront (JUGEMレビュー »)
    David Sanborn
    (^.^)b
    SAX=ジャズってイメージをファンクやスムースにシフトさせてくれた一枚です♪
    サンボーンサウンドを堪能するときにまず聴いてみて欲しいアルバムかもしれませんね♪(^_-)-☆
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM