<< 無事にカフェライブ終了♪(*^^*) | main | 8月も半ば過ぎまして・・・ >>

「MAN WOMAN」

ひっさしぶりの書き込み( ̄▽ ̄)マイドノコトダガ・・・

本日は集団田中・7月番外公演「MAN WOMAN」の舞台(本日最終日)を観に行ってきました♪(*^^*)

詳細やオフィシャルページなどはこちらからご覧になっていただけます♪

今までも縁あって何度か観させて頂いてるのですがそれぞれの演目でいろんなカラーを感じさせてもらいます。

もともとは今回の出演者でもある加藤さんからお誘いの連絡がありまして簡単に内容を聞きましたらこれがまた面白い話で(というかどう展開させるんだろう??)と興味もあって楽しみだったんですよね(*^^*)

もともとはコントやお笑いがメインで「笑い」を中心にした舞台がメインなので今回はあえて「演劇色が濃い」ってことで「番外公演」なのだそうです。。。頂いたパンフに書いてあったのですが一般的には逆になるような・・・あ、集団田中の舞台だから良いのか♪( ̄▽ ̄)

今回のお題目…エット、演目は「MAN WOMAN」ってことで男の話と女の話って意味合いだそうです。

構成は2つの演目でまずは「WOMANチーム」で「ルームシェア」、「MANチーム」で「ジーメン09」とのこと。

最初の演目の「ルームシェア」はひょんなことから一緒に暮らすことになった二人の女性(高校時代の同級生)のお話でした。
簡単なあらすじとしては「社会に出て真面目に働く女」の部屋に高校時代の友人であって「バンド活動をしながら自分の夢を追いかける女」が転がり込んでくるってお話。内容的にはマンガとかでありえそうなシチュエーションでキャラ設定も「マジメだけど料理が全くダメ」なのと「自己中心的で破天荒に見えるけど実は料理や家事などが得意で気配りのあるキャラ」(劇中ずっと「ボーイッシュな女の子」なのか「キャシャな男の子」なのか分かりませんでした(^^;)
そんな2人の女性の考え方のギャップや価値観の相違、生き方の違いなんかをコミカルでドタバタもありながらリアルに描いた感じでしたね。よくありそうな日常を切り取ったような感じですがどっちかというとマンガみたいな雰囲気でもあったかな、少女マンガとかでありそうな感じといったらわかりやすいかな。
女性同士の友情と価値観の違いによる葛藤と夢と現実のギャップとが上手い感じにまとまってるのですが贅沢を言うならもっと長い時間をかけて見たかったかも(^^;
深夜帯のドラマとかで毎週30分とかでじっくり展開を観たいって感じでしょうか♪

続いての演目は「MANチーム」の「ジーメン09」では驚かされ笑わされ目頭も熱くなりそうでした(*^^*)
演目的にはこちらもかなりコメディータッチなのですが実はシュールな内容です。
タイトルの「ジーメン」とは昔ドラマであった「Gメン」と違い麻薬捜査ではなく違うことを捜査する方々の通称です(笑)
話の軸になるのは「少子化社会をなんとかしようと法令で「非生産的自慰行為禁止令」が発令されたことにより一組の夫婦とジーメンによるやりとり」がメイン。
「非生産的自慰行為禁止令」とは簡単に言うと「オナニー」のことで具体的に子供を作るため以外の射精行為を禁ずる、ただし風俗などではOKというなんともややこしいというか穴だらけな法令。
一般的にこの手の触れにくい話題(性的な話やセクシャルなことを中心にした話)はともすればお下劣で低俗な話になりそう。しかもかなりデリケートな話なのだけどそれらを見事にまとめて社会問題や少子化に触れて「家族」ってものを見直す話になるのは驚きました。
こちらもキャラ設定がちゃんとしていて登場人物の3人がどれも個性的でキャラが立ってるので素直に入っていけました♪
あらすじ的には「家事をしながら妻の帰りを待ってる主夫、ちょいと息抜きがてらAVを観ながら・・・そこへ特捜(いわゆるジーメン)がやってきて「あなたは今「非生産的自慰行為」をした疑いがあります!と家宅捜査へ。。。しぶしぶ容疑を認めて証拠などを確認しているところへ妻が帰宅!そこから繰り広げられるドラマ」って感じでしょうか。う〜ん、この話の面白さとか深さをどう伝えて良いのかわかりません( ̄▽ ̄;)



どちらもオリジナルとのことですが本を書いた人はかなりセンス良いな〜って思います。とくに「ジーメン」は筒井康隆的な話ですね、彼の作品とか好きならかなり楽しめると思います!

性的な話・もしくは性的な描写って映画やドラマでもそうだと思うのですが題材としてかなり難しい(扱いにくい)と思うんですよね、普段でも例えば友人との会話などで相当腹を割って話せる関係じゃないとできないような話はないですか。家族であっても難しいし夫婦や彼氏・彼女って関係でもなにげに難しい部分になりやすいデリケートなことですよね。
でもおそらくその辺が原因になって怒ってる問題も多々あると思うんですよ。劇中でもでてきた言葉で「少子化問題」や「セックスレス」、「風俗」や「性犯罪」などは一歩間違うとただお下劣でいやらしい的な話題になるかニュースで見聞きして話をするか、それでも相手を選んだり内容を選んだりとかなり慎重にする話だと思うんです。もちろん年齢や環境にも大きく左右されてしまうから本当に難しい話題だと思うんですよね。

でも若い世代には特に思うのですが互いのパートナーと「恋愛観」や「セックスに対する考え」などをちゃんと話し合ったことがあるんですかね?お互いをもっと理解するために話し合って良いと思うんですけど違うのかな。。。(^^;

確かに普段触れにくい(触れても下ネタ扱いになってしまう可能性が高い)話題なのに実は「人」のなかのもっとも深いところに関わっていたりするからやっかいなんでしょうね。(しかも他人の行為とか物だったり仕方なんて知りえないしね(^^;)

簡単な話、セックスにも人によって価値観がそれぞれあるものだし求めてることと得られることの違いとか個人的な事情や内面的な気持ち、性格や好みなんかが違って当然なのだからそこをどうすり合わせていくかってのが大事なんだとも思うんですよ。つまり「愛」ってかってに育つものじゃなく「互いに努力して育てるもの」であると思うんですよね、でも互いへの強い思い(愛情)があるからそれが「努力」でも「苦労」でもなんでもないと思えてしまうってことなんだと思います。

もちろん人(家族・夫婦)にはそれぞれ事情があり考えがあるものだからそこに国家権力であっても立ち入ってはよろしくないってことだと思うんです。それを「オナニー禁止」って法令ができた(もちろん架空のことですが)ってことから上手に切り取ってまとめたので本当に良い舞台だと思うんですよ。いろんな世代の人たちにぜひ見てもらいたいと思いました。もちろん若い世代の子たちにもね。性ってものや家族、相手を思うことなんかを少しでも見つめるチャンスなのかなって思います。

席の関係で僕の目の前の列に若い女の子達が座っていたのですが最初こそ笑ったり照れてたりしてましたが話が展開していくうちにぐっと入り込んでちゃんとマジメに受け止めていたし感動もしてたようです。


本日の2つの演目はどちらも日常を切り取ったようなタッチなのですがそれをコミカルでドタバタしててどこか自分にリンクしてたり考えたり涙するようななんとも良いお芝居でした。


メンバーの皆様はもちろんスタッフの皆様もとても良いお仕事をなさったのだと思います。もちろんトラブルなども多々あったと思われますがこれからも素晴らしい舞台で僕らを楽しませてくださいね♪(*^^*)


TunoYasu@舞台ってなんかすごいな〜♪

※昨日書いたものに本日加筆訂正している部分がありますが内容にたいした変更はございません(^^;

0
    コメント
    本日はご来場頂きまことにありがとうございます。

    なんて、まぁ堅苦しい挨拶はぬきにしまして・・・。色々と感想を読ませてもらい、改めて色々と考えちゃったりしました。もう終わったのに(笑)。

    次はライブです♪
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    ようこそ♪
    ブログパーツUL5
    Twitter
    -->
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    MEYER  メイヤー アルトサックスマウスピース ラバー 5MM  ALTO SAX MOUTHPIECE 5MM
    MEYER メイヤー アルトサックスマウスピース ラバー 5MM ALTO SAX MOUTHPIECE 5MM (JUGEMレビュー »)

    アルトサックス用の定番マウスピース♪メイヤーの5MMは僕もかなり長く愛用しています♪良い音しますよ〜♪(*^^*)b
    recommend
    デイヴィッド・サンボーン ザ・ベスト
    デイヴィッド・サンボーン ザ・ベスト (JUGEMレビュー »)
    デヴィッド・サンボーン
    サンボーンのベスト版♪お勧めです(*^^*)b
    recommend
    タイムアゲイン
    タイムアゲイン (JUGEMレビュー »)
    デヴィッド・サンボーン
    いろんなジャンルの曲をカバーしてますね♪(*^^*)
    ま〜どの曲もサンボーン節が強く感じますが(笑)
    recommend
    Somethin' Else
    Somethin' Else (JUGEMレビュー »)
    Cannonball Adderley,Sam Jones,Hank Jones,Art Blakey,Miles Davis
    (^.^)b
    これは名盤です♪キャノンボールとマイルスがとってもカッコイイし勉強にもなる一枚だと思いますね♪
    recommend
    JAZZ理論講座 ジャズセオリーワークショップ(1) 初級編
    JAZZ理論講座 ジャズセオリーワークショップ(1) 初級編 (JUGEMレビュー »)
    小山 大宣
    (^.^)b
    比較的わかりやすい説明で参考になりましたね、楽典から理論へのステップアップに丁度良いと思いますよ♪
    寝る前にもお勧め♪(笑)←よ〜く眠れます(^.^)b
    ※すみません画像がありませんでした(>_<)
    recommend
    Upfront
    Upfront (JUGEMレビュー »)
    David Sanborn
    (^.^)b
    SAX=ジャズってイメージをファンクやスムースにシフトさせてくれた一枚です♪
    サンボーンサウンドを堪能するときにまず聴いてみて欲しいアルバムかもしれませんね♪(^_-)-☆
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM